Uncategorized

『お金のかからない!』美肌を保つ誰でも出来る習慣ケア

美容にはお金がかかる・・・。綺麗な人はどんなお化粧品をつかってるんだろう。

と聞きたくなりますよね。そしてキレイな人ほど「何もしてないですよ~」

というかた多くないですか?|д゚)

「そんなことないでしょ!」と心の中で思った方も多いのではないでしょうか?

私もエステティシャンとして長く通って来て下さるお客様のお肌を見たとき

キレイだなーと感じることも多く、何をしているのかお聞きしたことも多いです。

そしてキレイな方が共通して習慣化している事に気が付きました!

簡単ですので皆さんもぜひ実践されてみてください。

美肌の習慣リスト

  1. 1お風呂で顔を洗わない
  2. 顔を洗う時はぬるま湯で
  3. 枕カバーは毎日変える
  4. 化粧水はなんども入れ込み
  5. 短時間の外出でも日焼け止め
  6. 顔を触るときは手洗い・殺菌
  7. 顔を洗った後のふき取りはティッシュで行う
  8. メイクはその日のうちに必ず落とす
  9. 手足の冷え対策

1 お風呂で顔を洗わない

シャワーヘッドは雑菌でいっぱい!?

シャワーヘッドは日常的に湿気の多い浴室にあり、掃除の行き届かないもの

カビや雑菌が増えやすい、いわば雑菌の宝庫です。

それを毎日、顔にかぶっていると思うとゾッとしますね💦

シャワーのお湯は顔に当たらないようにしましょう。

身体のニキビの原因にもなりますの定期的にシャワーヘッドの掃除もおススメします!

2 顔を洗うのはぬるま湯で

顔を洗う適温は32℃

お風呂の温かいシャワーや湯船のお湯で顔を洗っているという方、多いのではないでしょうか?

全身の中でもいちばん敏感で肌の薄い場所はお顔です。33℃以上のお湯で洗うとお肌に必要な皮脂や水分をうばってしまい、乾燥肌の原因となります。

顔を洗ったあと、ツッパリがある・肌がカサカサする・・・という方は

お肌の必要成分がうばわれている可能性ありです!

冷たい水で洗うのは?

32℃以下の冷たい水での洗顔は、逆に汚れが取れない原因になります。

汚れを落とすための洗顔なのに、汚れが落ちてない! なんてことに(・・;)

しっかりケアをしているのにニキビが出来るという方は、この温度設定が原因で落としきれてない可能性があります。

3 枕カバーは毎日変える

枕カバーは毎日変えるか、洗濯後のタオルをしくようにしましょう。

枕には顔や頭皮の汚れや皮脂、汗などがつき、ダニが繁殖したり、ホコリが意外にもびっしり付いています。

片方だけにニキビが出来るという方は特に、枕についた汚れが原因の可能性があります。

※掛け布団で顔までかぶるクセのある方も、ニキビが出来る要因のひとつです

4 化粧水はなんども入れ込み

●肌のうるおいが感じられない

●保湿しているのに顔がつっぱる

●乾燥が気になる

こういうお悩みの方 多いのではないでしょうか?

美肌に大切なのは補水力です!

どんなに保湿してもお肌の水分が足りない状態だと、お顔はカピカピ状態・・・!

そこで肌への潤いケアのポイントをご紹介します!

①化粧水はコットンではなく手で入れ込む

手で入れ込みを行うことで、その日の化粧水が肌へ入っていくスピード、入り込む量が、手で感じ取れるため、お肌のコンディションが分かります。

②最低2~3回化粧水の入れ込みをする

一度、化粧水をつけて終わりではお肌に必要な水分は足りていません。

化粧水つけてすぐにクリームでは保湿にはならないのです。

化粧水がお肌にスーと入り込むという事は、「水分足りないからもっとちょうだい!」とお肌がサインを送っている証拠です。

2回、3回と入れ込み、肌に浸透しなくなったときが、化粧水の入り込み完了の合図です!

そこでやっと保湿クリームの出番なのです!

4 短時間の外出でも日焼け止めは必ず

日焼けによる光老化で老け顔に・・・

キレイになりたいのと同時にいつまでも若く見られたい!というのは誰しも感じることではないでしょうか?

その大敵は紫外線です!なんとこの紫外線。

シミ・シワ・たるみ・肌老化の大部分の原因なんです!

「ちょっと出歩くだけでそんなに日差しを浴びてないから大丈夫」

油断は禁物です!紫外線は日々の積み重ねによって

老化が早く進んでしまいます!

特に多いのは、車の運転による日焼けですね。

車は車内だから安全というわけではありません!

顔の右側だけにシワやたるみが出現!という方も多いのではないでしょうか。

正面からの紫外線にも気を付けなければなりませんが、特に紫外線の当たる、右側には日焼け止め量を増やしたり、時間がたったら塗り直しをオススメします

5 顔を触るときは手洗い・殺菌

顔を触るクセのある人は、肌荒れしやすいといわれています。

最近、顔をよく触る人は風邪をひきやすいといわれているのと同じで、菌を取り込み、粘膜やヒフに取り込んでしまいやすく、菌やウイルスに感染しやすくなってしまいます。

色んな所に菌は存在しており、菌を触った手で顔を触ると、もちろん顔にもその菌が付着してしまいますよね💦

そこから顔に菌が増幅し、肌荒れの原因となってしまのです。

顔を触るクセのあるかたは、何かを触った手で、顔を触らない事が一番の予防です。

どうしても触ってしまうという方は、手洗いや除菌を必ずする!というのを意識して気を付けましょう👆

また、ニキビが出来てしまった時、気になってニキビを触ったり、つぶしたりしてしまう方。お客様にもとても多いです・・・。

※しかし!ニキビを触るのは絶対に禁物です!

ニキビが治りずらくなるうえに、雑菌が入り込み、ウミがたまってさらに炎症を起こしたり、ニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなります。

凄く気になって触ったり、なんとか早く治したいつぶしてしまうと余計に治るのに時間がかかってしまって、さらにはクレーターといわれる、肌が凹んでデコボコ状態になる危険性もあります❕


6 顔を洗った後のふき取りはティッシュで行う

芸能人で有名な美肌女優さん『小雪』さんもされていると話題の洗顔後ティッシュオフ✨

普段使用しているタオルも、知らない間に雑菌が増えているもの・・・。

毎日キレイに洗顔をしているのに、ふき取りのタオルで逆に汚れを付けていた!ということに(´;ω;`)

洗いたてのタオルならいいのでは?

洗いたてのタオルは洗剤がビッシリとついています!

洗剤には界面活性剤などの合成化学成分が多く含まれているので、お肌にはとても悪影響を与えてしまうのです!

ティッシュであれば清潔で、使い切り、そしてソフトタッチなので、意外にも洗顔後のふき取りに最適なんです!

ポイントは、ふき取りの際は、ゴシゴシせず、お肌に軽く乗せて水分をティッシュに移すだけです♪

お肌に優しいだけではなく、キメを崩すことなく、水分のみを取り除いてくれるので、とってもオススメです!

7 メイクはその日のうちに必ず落とす

「今日は疲れた~」ちょっと一休み。。。

そのまま朝を迎えてしまった!という経験はないですか?

実はエステティシャンなのに私も良くありました・・・。

一日くらい大丈夫!と思ってはダメです!

メイクの油分と寝ているあいだに増殖する皮脂、これがまじり合って時間がたつと、酸化してしまいます!これは何がダメかというと?

皆さん一度は聞いたことがあると思いますが、活性酸素が発生してしまうのです!

活性酸素はお肌の老化を促進させてしまうのはもちろん、シミシワの発生源といわれています。

つまりメイクをしたまま寝てしまうと、お肌の老化を進めているのと同じことにつながります❕

メイクをしたまま寝ると顔ダニが繁殖!?

皆さん顔ダニをご存知でしょうか?別名ニキビダニとも呼ばれています。

このダニは誰の顔にもいるものですので、ご安心ください。

この顔ダニは人の皮脂を食べて過ごしています。通常はとても良い役割をしてくれるこの顔ダニですが、増えすぎると要注意です!

メイクをしたまま皮脂が増えると、顔ダニの大好物を増やしているのと同じ、増殖の手助けをしてしまっているのです!

顔ダニが増殖し、顔の上をはいまわり、死骸のまま毛穴に残ってしまうと、炎症ニキビとして症状に現れてきます。

※この下 顔ダニ写真、苦手な方は要注意!!

寝ている間によく活動する顔ダニは通常の状態でも、皮脂の多いTゾーンに多く集まりますが、メイクをしたままだとお顔全体に皮脂が過剰にある状態であるため、もっと活発に活動していまうのです( ノД`)

皆さん家に帰りついたらすぐにメイクを落とす習慣をつけていきましょう!

9 手足の冷え対策

手足の冷えは美肌に関係ないのでは?と思うかもしれませんが、

実は美肌と冷えはとても密室な関係があるのです!

こんな方は冷え原因

  • 顔のくすみ、血色が悪い時がある
  • お肌のゴワゴワ、カサカサ感があり、メイクのりが悪い
  • ニキビが繰り返し同じところに出来る
  • ニキビ跡になりやすい
  • 赤ら顔が気になる
  • 睡眠不足ではないのに目元のクマが出来る

心当たりのある方は、冷えの改善をおススメします。

どうして冷えがあると美肌に影響がでるのか?

お肌のキメやターンオーバーを整える必要な栄養素は、ポンプ式にリンパ液や血液を運搬し、栄養素を送り届けてくれています。

ツヤや血色の良いお肌というのは、栄養が行き届いており、血液循環、ターンオーバーがしっかりと整っている状態を言います。

この循環が悪くなると、お肌を構成するエラスチン・コラーゲンを構築する真皮層。必要な水分を栄養が行き届かず古い角質層が剥がれ落ちず、カサカサ乾燥肌に・・・。そのうえ、ニキビが出来やすく、治りずらい状態という悪循環に陥ってしまいます。

改善するには?

① シャワーですませず、必ず湯船に浸かる

② 1日30分以上のウォーキングor10分程度のストレッチ

③ 朝おきてすぐと、夜ねる前にお白湯をコップ一杯、ゆっくりと飲む

④ 夕食は生野菜、冷たい飲み物を避ける

⑤カフェインの摂り過ぎはNG コーヒーは1日2杯~3杯にとどめる

⑥糖質の多い食事は避ける。(糖質を完全にカット、ではなく食べ合わせで多くなり過ぎない事)

まとめ

日々の生活の積み重ねで10歳、20歳と見た目年齢の差はどんどん開いていきます。

どんなに年齢を重ねても、女性は美しくありたいですよね!

皆さんも日々、コツコツと簡単な事でもいいので、実践されてみてはいかがでしょうか。

私もエステティシャンとして様々なお客様のお悩みに合わせてキレイのお手伝いをさせて頂く立場でもあり、自分自身の美も保たなければ説得力も何もないので、日々、美容には気を使っています。

大切なのは習慣化することです。

習慣化することで、美容に気を付ける。←ではなく、当り前のこととして、意識しなくてもいつの間にか、お肌に良いことを実践している事になるのです!